2006年10月公演

鉄割アルバトロスケット

tetuwari.jpg

東京は根津の宮永会館という辺鄙な寄席で結成しました。「鉄割」とうのは江戸時代にあった足芸(足でタライや子供をまわす芸)をする一家の名前で、「アルバトロス」というのはアホウドリで漢字だと「信天翁」と書きまして、神様っぽくて渋いでしょ、「ケット」というのはアルバトロスの最後の部分の「ロス」につなげると「ロスケット」になって「ス」を抜くと「ロケット」になるから宇宙の果て行けそうだと、それで「鉄割アルバトロスケット」になりました。江戸時代の鉄割一家は足芸をしてましたが、僕等、足芸は出来ません、ですが南部のデルタ地帯から湧出る湿気に、お祭り気分の馬鹿が深みにはまるような、サイケデリシャス幇間芸みたいなことをやってます。

鉄割アルバトロスケット

Posted: precog Date: 2006年09月16日 01:30 |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://precog.s150.xrea.com/cgi-bin/mt3.3/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)