2004年07月公演
2004年07月公演での出演者一覧です(あいうえお順)

Nibroll(矢内原美邦)

yanaihara-choco.jpg

矢内原美邦
高校からダンスを始め、全国高校ダンスコンクールにてNHK賞、特別賞など数多くの賞を受賞。1997年、ディレクター集団『ニブロール』を設立し舞台作品を中心に活動を続ける。国内はもとより、数々の海外フェスティバルに招聘され、04年には「the Kitchen」(N.Y)にて単独公演を行う。日常に垣間見る身ぶりをベースにした動きを用いて、「今」という時代の空気感をドライに提示する独自の振付で高い評価を得ている。
05年、自らが脚本/演出を手がける『ミクニヤナイハラプロジェクト』を立ち上げ、吉祥寺シアターオープニングステージにて演劇作品を発表。舞台活動だけにとどまらず同時に『Off Nibroll』名義で、映像作家・高橋啓祐と共にインスタレーションを中心とした美術作品を発表。森美術館や東京都写真美術館、上海ビエンナーレなどにも出品した。

矢内原美邦の毎日が万歳ブログ
www.nibroll.com

Posted: precog Date: 2006年10月31日 15:28 | コメント (0) | トラックバック (0) |

APE

ape.jpg

APE
伊藤キム&輝く未来、発条ト、ダンスシアター「ルーデンス」等で活躍するダンサー楠原竜也を中心としたユニット。セリフに拠らず、身体動作だけでドラマを展開するフィジカル・シアターを日本で実践している数少ないカンパニーとして期待が高まっている。2004年「第13回ガーディアンガーデン演劇フェスティバル」に選出され公演。

Posted: precog Date: 2006年09月16日 05:22 | コメント (0) | トラックバック (0) |

KATHY

kathy.jpg

KATHY
20002年に結成。GEISAI-2に出展し、スカウト(NADiff,Tokyo-FM,美術手帖)賞。2003年 GEISAI-3に出展し、蜷川美花賞・スカウト(NADiff, 美術手帖)賞。『魔術的芸術』展(小山登美夫ギャラリー・プロジェクトルーム)に参加。2004年、ニューヨークの現代美術展「アーモリー・ショー」に出品、パフォーマンスも披露。「Arto Lindsay Japan tour 2004 」に出演。
KATHY

Posted: precog Date: 2006年09月16日 05:18 | コメント (0) | トラックバック (0) |

黒沢美香(風間るり子)

kurosawa.jpg

黒沢美香 (風間るり子)
黒沢はダムタイプとの伝説的な共同作品「Nut Cracker」「ペール・ギュント」など80年代から活躍するコンテンポラリー・ダンスのゴッド・マザー的存在。5才から舞踊家の両親のもとでモダンダンスを習い始め、以後20年間は数多の派手な受賞に目立つが、後にマイノリティーで密室であるほど興味深く感じるようになる。1985年からは多数でも一人でも「黒沢美香&DANCERS」と名乗り、小スペースや地下に潜っての活動に爆走する。1999年から黒沢美香遅蒔きのソロダンス活動、「薔薇の人」シリーズを展開中。(「風間るり子」とは黒沢美香がショーダンスを踊るときの芸名。)
黒沢美香 Mika Kurosawa 公式ウェブサイト

Posted: precog Date: 2006年09月16日 05:14 | トラックバック (0) |

身体表現サークル

shintai.jpg

身体表現サークル
宴会芸をアートと解釈し、常に新しい人材と偶発的な活動を展開。2003年「踊りに行くぜ!!vol.4」東京、大阪・広島公演に出演、話題となる。2005年「誰でもピカソ 第1回アートバトル」にて審査員特別賞。また、「横浜トリエンナーレ」にて100人参加可能な群舞を披露。
身体表現サークル
身体表現サークル妖精日記

Posted: precog Date: 2006年09月16日 05:10 | コメント (0) | トラックバック (0) |

たかぎまゆ

mayu.jpg

たかぎまゆ
97年よりソロ活動開始。国内外で作品を上演。「パリ・エクストリームオリエント・フェスティバル」「ネクストネクスト」「日韓ダンスコンタクト」に参加。STスポット「ラボ20」vol.2にて観客賞受賞。アサヒ・アート・フェスティバル2004では「水上アートバス」にも出演。また、ニブロールにも随時参加。

Posted: precog Date: 2006年09月16日 05:06 | コメント (0) | トラックバック (0) |

小浜正寛(ボクデス)

bokudes2.jpg

小浜正寛(ボクデス)
遊園地再生事業団、ニブロール、フィリップ・ドゥクフレ『IRIS』等に出演する一方、ボクデス名義で作品を発表。’01年、キリンアートアワード奨励賞、STスポット・ラボアワード受賞。'04年、『旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォーム』出場。'05年「ボクデス&チーム眼鏡」を結成し、『トヨタコレオグラフィーアワード2006最終審査会』出場。カラダ、アニメ映像、モノがミックスされ、グルーヴ感と脱力感が漂う世界観が特色。オフィス・ワン・ツゥ・スリー所属。
ボクデス on the WEB

Posted: precog Date: 2006年09月16日 02:10 | コメント (0) | トラックバック (0) |

康本雅子

yasumoto.jpg

康本雅子
ニブロール「ドライ・フラワー」等に出演。松尾スズキ演出の舞台の振付を担当、自身も「業音」「人間御破算」に出演。また、松尾すずき監督作品「恋の門」の振付けを担当し、自身も出演。 2004年ランコントル・コレグラフィック・アンテルナシオナル・ド・セーヌ・サン=ドニ(旧バニョレ国際振付コンクール)にノミネートされ、横浜プラットフォーム(アジア地区選考会)にて「ナショナル協議員」賞を受賞。ASA-CHANG&巡礼「背中」のPVに出演。

Posted: precog Date: 2006年09月16日 00:05 | コメント (0) | トラックバック (0) |