2011年08月公演
吾妻橋ダンスクロッシング2011年8月公演の出演者一覧です

遠藤一郎

endonew.jpg

遠藤一郎
未来美術家。車体に大きく「未来へ」と描かれた、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』で車上生活をしながら全国各地を走り、「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続ける。主な活動に各地アートイベントでの展示やパフォーマンス、デザイナー、DJ。2009年より『未来龍大空凧』開始。islandの発足に携わる。 GO FOR FUTURE

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

悪魔のしるし(危口統之)

kiguchi.jpg

悪魔のしるし(危口統之)
悪魔のしるし主宰。演出家、揚重工。昭和50年倉敷生まれ。横浜国大工学部卒。大学在学中に演劇サークルに所属し舞台活動を始める。断続的な活動を経て2008年、現在のメンバーを中心に「悪魔のしるし」の活動開始。 悪魔のしるし

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

core of bells

coreofbells.jpg

core of bells
2003年湘南で結成。2010年3月に待望のファーストアルバム「ボトルキープ2010」を発表。同年8月にはFUJI ROCKFESTIVAL’10「ROOKIE A GO-GO」に出演。カテゴライズ不能の自由極まりないサウンドと、一見「非−音楽」とも思えるアイデアでその音楽性を揺らがす手法が評判を呼び、その目を疑うほどに珍奇かつ圧倒的なステージングで話題を集めている。 core of bells

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

地点

chiten.jpg

地点
演出家・三浦基が代表をつとめる。本拠地・京都。言葉や身体、物の質感、光・音などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を追究。 今回は、地点の隠れた名作『話セバ解カル』をバージョンアップさせた『木堂(ぼくどう)先生』(A / 19日(金)19:00 / 20日(土)14:00)と新作『his master’s voice』(B / 20日(土)19:00 / 21日(日)14:00)の2作品を日替わりで上演! 地点

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

ボクデス(小浜正寛)

bokudes.jpg

ボクデス(小浜正寛)
遊園地再生事業団、フィリップ・ドゥクフレ『IRIS』、珍しいキノコ舞踊団等に出演する小浜正寛のソロ・パフォーマンス・ユニット。作品は自分のカラダ、アニメ映像、変なモノで構成され、グルーヴ感と脱力感とギミックに満ちた独自の世界観が特徴的。キリンアートアワード2001奨励賞受賞。 ボクデス

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

三浦康嗣(□□□)

miura.jpg

三浦康嗣(□□□)
村田シゲ(CUBISMO GRAFICO FIVE)、いとうせいこうを擁し、坂本龍一主宰commmons所属のグループ、□□□(クチロロ)を牽引する。作詞、作曲、編曲、演奏、エディット、歌唱、音響エンジニアリング、舞台演出...等々を一人でこなし、多角的に創作に携わる総合作家。 □□□

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

康本雅子

yasumotonew.jpg

康本雅子
これまでに自作品を日本国内津々浦々とイタリア、 スペイン、NY、アジア4か国にて公演。ダンス公演のみならず、 演劇/コンサート/映像/ファッション界等、届く 範囲で股をかける。 康本雅子

全ステージ出演 →19日(金)19:00 / 20日(土)14:00 / 21日(日)14:00に出演

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

Line京急(山縣太一×大谷能生)

Linekeikyu.jpg

Line京急(山縣太一×大谷能生)
チェルフィッチュの山縣太一と音楽家/批評家・大谷能生による新しい不定形パフォーマンス・ユニット。ダンスとセリフと音楽がぐるぐる尻尾を追いかけあいながら溶けて結晶化するコンポジションを開発中。ダブは三連で飛ばせ!
※20日(土)14:00 / 21日(日)14:00に出演→全ステージに出演いたします!

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

大谷能生×吉田アミ+ucnv

大谷能生×吉田アミ+ucnv(19日 19:00 / 20日 19:00に出演)
大谷能生×吉田アミ(20日 14:00 / 21日 14:00に出演)

※内容が異なります。ご注意ください。

ootaninew.jpg     

大谷能生

音楽家/批評家。sim,mas,mjqtなど多くのバンドに参加しライブ活動をおこなう。近年は山縣太一とのユニット「ライン京急」を中心に舞台作品の音楽/出演も多数。著書としては『アフロ・ディズニー1・2』、『憂鬱と官能を教えた学校』(どちらも菊地成孔との共著)、『貧しい音楽』、『散文世界の散漫な散策』、『持ってゆくうた、置いてゆくうた』などがある。

ami.jpg     

吉田アミ

音楽・文筆・前衛家。03年にセルフプロデュースのよるソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、「astrotwin+cosmos」がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。著書に自身の体験をつづったノンフィクション作品「サマースプリング」(太田出版)がある。 日日≒日キ

ucnv.jpg     

ucnv

プログラマー。フリーランスでウェブを中心とした開発を行うかたわら、2007年頃よりプログラムによるヴィジュアル・グリッチをウェブ上で公開する。2010年より自身の開発によるオープンソース・ライブラリを用い、データモッシングと呼ばれる破損データを使用した映像を作成。それらの技法を応用したライブ・パフォーマンスやVJ、MV制作などを行う。「ユタカワサキバンド改めucnvバンド」メンバー。 ucnv

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

毛利悠子 (インスタレーション)

mohri.jpg

Photo : ikumi hirata

毛利悠子
美術家。1980年神奈川県生まれ。消耗品や楽器を用い、独自の機械構造で動きや気配をつくるインスタレーションを制作、発表している。国内外展示多数。 毛利悠子

Posted: precog Date: 2011年5月16日 19:10

Sachiko M

2011年6月9日

※20日(土)19:00に毛利悠子×Sachiko Mとしての出演が緊急決定!
毛利悠子インスタレーション展示の中でのスペシャルコラボレーションです!


sachiko_M.jpg

Sachiko.M
sinewaves / サンプラーに内蔵されているテスト・トーン用のサインウェイヴと、スイッチノイズを用いた極端なまでにシンプルでミニマリスティックなサウンドと、潔いまでに徹底した音楽に対する姿勢で世界的な注目を集める孤高の即興演奏家。

「salon de sachiko」(hitorri-111)
「I'm Here ..Departures..」miniCD.(2-:+, AP013)
サウンドインスタレーション「 I'm Here.. re-turn..」

http://www.japanimprov.com/sachikom/sachikomj/index.html

Posted by precog Date:2011年6月10日 13:15

JERK CHICKEN HOUSE - AM-A-LAB
(ケータリング)

2011年8月15日



amarab.jpg

JERK CHICKEN HOUSE - AM-A-LAB

http://am-a-lab.jimdo.com/

Posted by precog Date:2011年8月15日 13:15

自転車部 かき氷自転車
(ケータリング)

2011年8月15日

jitenshabu.gif

東京下町に暮らす町工場の職人、牧師、現代美術家、デザイナー、ライターなどが中心のネットワーク「自転車部」さんから「かき氷自転車」をお借りしました!

http://jitensyabu.exblog.jp//

Posted by precog Date:2011年8月15日 13:15